FC2ブログ

クロカモとなかよくなれるのかしらん

下記記事について。

怖いですね。
相手が怖いというのではないのです。
傷つくかもしれない自分が怖いのです。

人類の残虐性、わかるような気がしますね。
だってさ、自分が残虐だもん。
人類は残虐ではないと言うあなた、自分が見えていますか?

人外がいなくなったら今度は人類同士でやりあうだろうね。
すでに動物は虐待されている(人外の仕業にしようとするなよ)。
人類なんて大そうな言葉を使うからわからないんだよね。
俺が気にいらないやつをやる、おまえが気にいらないやつをやる、それが人類。

拝啓・宇都宮健児様 - スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/04/16/084645

<転載開始>
人外達がなぜご自分たちの正体を隠し続けるのか。なぜ人喰い、あるいは吸血鬼であり続けるのか。それは人類に対する圧倒的マイノリティとしての種の保存策の一環として。さらには人類に対する支配者たらんとして、だと思うのです。
そして何より、彼ら人外よりも、我々人類の方がいざとなれば残虐な存在になることができるから、ではないでしょうか?
多数派である人類が、少数派である人外絶滅の道を選ぶ可能性は、残念ながら大きい。

しかしここで、人類が残虐性を発揮してしまうと、人類を含むすべてが終わってしまう!これも事実なのです。

つまり私たちは、人類であろうが人外であろうが、一切の残虐性、すなわち己の心にある「全ての殺意」を消し去り、共存共栄の道を歩まねばならないのです。
<転載終了>
関連記事

Tag : クロカモ なかよし

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

Profile

日高

Author:日高

Latest journals
All journals

全ての記事を表示する

Latest comments
Latest trackback
Monthly archive