「平成」とはなんだったのか


「平成」という元号には「たいらになる」という意味が込められている。
1985年(日本航空123便撃墜事件が発生した年)は日本にとって大きなターニングポイントだったように思う。
この年以降、世界情勢も大きく変化した。
そして、「平成」元年の1991年以降、日本は長期不況から抜け出せないでいる。
一部の人を除くとみな生活、仕事、子育てに追われ、心に余裕がない世相に変化してきた。
みな同じ状況、これが「たいらになる」ということなのだろうか。
関連記事

Tag : 元号

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL