事故を起したら秘密を大衆に知られてしまうよね?

中国新幹線事故 - 中国を笑えない日本 - (真)日本の黒い霧

<転載開始>

記事転載のお願い 04/10/2018 枠内追記

アクセスの解析により、本記事は中国政府及び日本国政府の介入によって、通信経路上でブロッキングなど不正な操作がなされていることが判明しました。多くの読者さんに世の中について考えていただくため、(新)ブログの関連記事も含め、記事転載のご協力をお願いいたします。



Request for Re-Posting

By analyzing accesses, the fact that both Chinese and Japanese governments are undertaking illegal operations on the network route like blocking accesses turned out. I would like you to re-post this and related articles to make as many readers as possible think deeply about this world and our future.


この記事は、(新)日本の黒い霧「認めたくない、日本の憂うべき現状(11) - 夢の原子力超特急」の補足説明記事となります。

数年前、中国の新幹線が事故を起こし、その処理について話題になったことを覚えておられるでしょうか?

人命に対する扱い方が違う?高速鉄道を埋めたのは間違っていなかった=中国
2015-12-08 15:29

20180407150649.jpg

 2011年7月23日、中国で高速鉄道の衝突事故が発生した。多数の死傷者が出たにもかかわらず、当局がすぐに事故車両を地中に埋めるという処理を行い、世界を驚かせたのも記憶に新しい。当局の処理方法をめぐっては中国のネット上でも批判の声が相次いだ。

 中国メディアの澎湃新聞網は3日、高速鉄道技術の第一人者に対する取材記事を掲載し、「衝突事故の発生後、私は高速鉄道のためにあえて声をあげることにした」と題する記事を掲載した。

 記事は、中国高速鉄道の開業から輸出事業の推進に至るまでの軌跡について論じているが、なかでも日本との競争や衝突事故に焦点が当てられている。高速鉄道の衝突事故の直後、当局が事故車両を埋めたことについて、当時の鉄道部の関係者が「高架橋の下が泥沼で、救助を首尾よく行うためにしたこと。あなた方が信じるか信じないかは勝手だが、私はこの説明を信じる」とコメントしたことは、中国国内でも激しい批判にさらされた。(以下略)


引用元:Searchina http://news.searchina.net/id/1596444?page=1



この時の日本のメディアやネットの反応は極めて嘲笑的だったと私は記憶しています。何を隠そう、私もこの時は、中国の事故処理方法を大雑把過ぎると呆れていたのを思い出します。

しかし、この記事を借りて、改めて本件について論評させて頂きます

 中国鉄道部の事故車両埋設の判断は正しかった

と。

この事故で、追突した側の中国高速鉄道CRH2型とは、中国鉄道部が日本の川崎重工業車輛カンパニー(*1)から購入したものです。日本のE2系新幹線がベースになっています。

20180407151059.png

(左)中国CRH2型、(右)JR東日本E2系

(新)ブログの同上記事で記述したように、E2系がデビューした1997年以降、日本の新幹線には原子力燃料電池(以降 NFC = Nuclear Fuel Cell と記述)が補助電源として搭載されていたようなのですが、中国向けの輸出モデルだからといって、車両設計の根幹部分である、電力供給系の設計を大幅に変えることは、コスト的に見合わないと考えるのが自然です。日本のE2系がNFC仕様ならば、中国のCRH2も当然NFC仕様であったはずです。

*1: Wikiによると、川崎重工以外の車両製造所に、日立製作所笠戸事業所、東急車輛製造、日本車輌製造があります。この中で原子力の高度技術を有しているのは日立製作所と見るべきでしょう。


ブログ記事の中で、もしもNFCが設置されている先頭車両が事故で大破した場合、事故現場周辺が放射能汚染されてしまう危険性を指摘しましたが、実はこの時の事故こそが、その危惧されたケースであった可能性が高いのです。

私がNFCの存在を知っている事故処理担当者ならば、放射能の拡散を防ぐため、またNFCの存在を一般市民に気取られないようにするため、真っ先に汚染車輛の埋設を指示するでしょう。逆に、埋設処理というちょっと信じられない事故処理を中国鉄道部が実行したという事実こそが、日本の新幹線が危険なNFCを搭載していることの証明になってるとも言えるのです。



過去の自分自身を含め、あの時、中国鉄道部の判断を笑った全ての日本人読者さんにこれだけはお伝えしたいです、

危険な原子力燃料電池車両を輸出し、埋設処理の原因を作ったのは日本なのだ

と。それを知って笑っていられますか?

NFC車両が全国を駆け巡る日本で、いつ同様の事故が起きないとも限りません。新幹線車両の埋設処理は、今日、または明日にでもこの日本で見ることになるかもしれないのです。本来ならば、現在運行されている危険な新幹線車両は全て停止させるのが筋でしょう。原子力政策を扱う経済産業省、鉄道事業を監督する国土交通省、健康医療行政を預かる厚生労働省、どこでもよいので、すぐに運行停止命令を出してください。

それができないのなら、政府・官庁・大企業がまとめてグルであったと認定するだけの話です。国民の生命はそっちのけで、そんなに天下り先が恋しいですか。電力会社は元より、日立・三菱・東芝・三井化学・伊藤忠・JR ・トヨタ・味の素、etc. ‥廃棄処分方法も考えず日本中・世界中に核をばら撒く売国企業に未来があるはずもないし、そこに恋々と老後の安らぎを求める官僚や政治家の治める国が、これから先も続くはずがありません。

<転載終了>
関連記事

コメント

非公開コメント